お使いのERPとE-コマースの接続を簡単に行います

E-コマースとERPの連携はDiCentralがクラウドベースの連携ソリューションとして開発してきた基盤のDNAとして組み込まれています

担当者へコンタクト

Magento, Shopify, Amazon Marketplace and WooCommerceといったE-コマースを使っているのであればDiCentralはERPやバックオフィスの仕組みと直接連携させることができます。 このことは低コスト短期間での導入を可能にし、投資に対して大いなるリターンを得ることができます。

お使いのERPや会計システムと注文情報を直接連携します

DiCentralのE-コマースソリューションはE-コマースサイトから注文情報をERPやバックオフィスシステムに直接連携させます。 このことは作業コストを削減し、入力ミスを減らします。

手作業での冗長なデータ入力を無くします

DiCentralが持っているDynamics NAVアダプターは手作業でのデータ入力を無くし、入力ミスによる損失を無くします。 データ連携とデータチェックを単独システムから複数システムの連携まで行います。

在庫情報を常に最新に

AmazonやBuy.comといったE-コマースサイトと在庫情報を共有し最新の情報を共有するのはDiCenral E-コマースソリューションに刻み込まれたDNAです。

ほぼリアルタイムでの注文状況トレース

DiCentralのE-コマースソリューションはほぼリアルタイムで注文や出荷の状況を把握できるようにします

出荷追跡

DiCentralのE-コマースソリューションはE-コマースサイトから自動で顧客注文を取得し倉庫ないしは物流業者へ出荷指示を出せます。

IDEAL© 導入手法

DiCentralの導入手法である IDEAL© © はプロジェクトの開始から終了まで一貫して品質を保証します。

プロジェクト開始

  • プロジェクト全体の管理方法を定める品質保証文書の作成
  • プロジェクトスケジュールの完成

スコープ定義

  • 接続する取引先リストの作成
  • 顧客受入テストプランの作成
  • 取引先との連携内容の定義

実行

  • テスト環境の作成
  • 連携する伝票情報の開発
  • 取引先への連携情報の確認
  • 接続を展開する取引先の決定と確認

受入

  • 取引先との接続テスト
  • ユーザーによる受入テスト
  • 利用開始のための承認

展開

  • 接続する取引先と取引開始の契約
  • 接続テスト結果の確認/li>
  • コンプライアンス文書の提示
  • 展開の進捗状況の共有

カスタマイズ可能でリアルタイムに情報を表示できるダッシュボードとスマートフォンへの通知機能

優先順位と役割に応じて情報の振り分けができます

  • 1クリックだけで送受信ファイルが確認できます
  • タブレットやスマートフォンへ簡単にリアルタイムで通知を送ることができます
  • リアルタイムの情報を優先順位と役割に応じてフィルターをかけられます
  • あなたがご覧になりたい取引先の情報を優先的に表示させることができます

実際に利用いただいているユーザーの声

DiCentralのソリューションは、EDIの自動化により、これらに関わる作業を容易なものとし、重要な作業を容易に行えるものです。 取引状況の可視化とともに、取引情報へ容易にアクセスすることが可能となり、EDIの自動化は業務上のミスを軽減してEDIに関わる作業時間を減らすこととなりました。

– David Mosby, Senior Manager,
Sales Systems & Operations for Murad

ホワイトペーパー

DiCentralへ連絡して貴社のビジネスを加速する